トップ > 目的別に選ぶ脱毛サロン > 生理中の脱毛 > 生理中でもデリケートゾーン以外の部位の脱毛ができるの?

生理中でもデリケートゾーン以外の部位の脱毛ができるの?

一度脱毛サロンへ行けば、毛がなくなるとは限りません。 ムダ毛が生えなくなる状態になるまでは、最低でも1年間の時間を要し、その間、月1~2回のペースで脱毛サロンへ通う必要があります。 女性なら、誰しもが生理とうまく付き合いながら、脱毛の施術を受ける必要があります。

女性の体はデリケートなので、うまく生理日と被らないように施術の予約を入れたものの、急に生理になってしまって、施術日と被ってしまうということも少なからずあります。そんな時に疑問に思うのが、生理中でもデリケートゾーン以外の部位の脱毛は可能なのか?ということです。

当然ながら、生理中はデリケートゾーンの脱毛ができませんが、それ以外の部位は施術可能という脱毛サロンもあります。

生理中でも施術可能な脱毛サロンではキャンセルせずに脱毛した方がいいの?

多くの脱毛サロンでは、生理中で施術が受けられなくなったとしても、急な予約のキャンセルに対して、厳しいペナルティーを科します。 キャンセル時の条件や内容は、脱毛サロンによって異なりますが、キャンセル料金の発生や施術1回分消化等の厳しいペナルティーで発生するところが多いです。

そのため、生理中でもデリケートゾーン以外の部位なら施術可能な脱毛サロンが多く存在します。 生理でやむをえず施術の予約をキャンセルして、ペナルティーを科せられるなら、デリケートゾーン以外の部位の施術をした方が料金面でお得と感じてしまうでしょう。たしかに、生理による急なキャンセルで、キャンセル料金や1回施術分消化が発生してしまうなら、生理中でも施術可能な脱毛サロンで施術を受けてしまった方がよいのかもしれません。

ところが、生理中の脱毛は、肌にとっては良くありません。 なぜならば、生理中の肌は、女性ホルモンバランスの乱れにより、普段より敏感な状態に傾いています。 そのため、少しの刺激やダメージを肌に与えることで、肌荒れ等の肌トラブルを起こす可能性が高くなります。 生理中は、肌のことを考えると、できるならば、肌へ刺激となり得る脱毛は避けた方が望ましいのです。

施術の予約をとる際は、できる限り自分の生理期間と被らない日に予約をとるようにしましょう。 それでも、生理不順で急に生理になってしまう心配がある方は、急なキャンセルに対しても、施術前日までなら予約キャンセル可能等、比較的キャンセル条件や内容が厳しくない脱毛サロンを選ぶようにするのがおすすめです。

一度脱毛サロンへ行けば、毛がなくなるとは限りません。 ムダ毛が生えなくなる状態になるまでは、最低でも1年間の時間を要し、その間、月1~2回のペースで脱毛サロン